EnglishPasted Graphic

我々の研究室、東京大学・大学院・医学系研究科・生体構造学分野では、べん毛・繊毛、およびそれを駆動する軸糸ダイニンの仕組みをクライオ電子顕微鏡や光学顕微鏡で定量的に「見る」ことで理解しようとしています。

blue-divider

BINDS-logo

AMED創薬等先端技術支援基盤プラットフォームの構造解析ユニットについては、こちらのリンクをご覧下さい。

blue-divider

2019年7月 
技術補佐員を募集しています。

2020年6月 新しいクライオ電顕
Titan Krios G4iが稼働開始しました。

2020年4月 中村研究室との共同研究による
新しい論文が出版されました。

2020年2月 
ダイニンの微小管結合ドメインの構造解析の論文が発表されました。

2019年12月 森川 源大(医学部医学科六年生)がMD研究者育成プログラムの学部長賞を受賞しました。おめでとうございます。

2019年12月 
技術補佐員を募集しています。

2019年11月 共同研究による
ミトコンドリアへのタンパク質搬入口TOM複合体に関する論文が発表されました。

2019年6月 
カラクシンに関する論文が発表されました。

2019年5月 
クライオ電子顕微鏡に関する総説論文が出版されました。

2019年3月 
繊毛・鞭毛の微小管内側に結合・補強するタンパク質に関する論文が発表されました。





過去のお知らせはこちら

blue-divider
Kikkawa lab

Our lab studies microtubule-based motors, kinesin and dynein, using cryo-electron microscopy and image analysis. For information in English, please click
here.

Pasted GraphicTitan-Krios-Tokyo2JSB