EnglishPasted Graphic

我々の研究室、東京大学・大学院・医学系研究科・生体構造学分野では、細胞と外界のインターフェースである上皮形成の仕組みを、主にクライオ電子顕微鏡で定量的に「見る」ことで理解しようとしています。


blue-divider

BINDS-logo

AMED創薬等先端技術支援基盤プラットフォームの構造解析ユニットについては、こちらのリンクをご覧下さい。

blue-divider



202211月  社会連携講座「クライオ電子顕微鏡法」特任准教授として、齋藤知恵子さんが着任しました。
202210月 ERATO柴田超原子分解能電子顕微鏡プロジェクトに参加します。

2022年4月 AMED/BINDS 第二期が開始になりました。

2021年10月 
技術補佐員を募集します。(11月30日〆切)

2021年10月
特任助教を募集しています。

2021年9月 
学術変革領域「クロススケール新生物学」が採択になりました。

2021年5月 電子顕微鏡の性能テストに関する
新しい論文が出版されました。






過去のお知らせはこちら

blue-divider
Kikkawa lab

Our lab studies microtubule-based motors, kinesin and dynein, using cryo-electron microscopy and image analysis. For information in English, please click
here.

Pasted GraphicTitan-Krios-Tokyo2JSB