Kikkawa lab

 

他ののページにジャンプ: 1 2 3 4 5 6 7 8



Single Particle Analysis (単粒子解析)



この解析法は、結晶等のように多数の分子が集まっている状態ではなく、一つ一つ分かれている単粒子を、多数集めてきてS/Nを上げる方法。結果として得られるものは、二次元の画像の場合と、三次元の構造の場合があります。



わかりにくい名前かと思っています。なぜなら、

分子が様々な方向を向いて氷の中に存在していて、電顕写真には様々な方向から射影された姿が写っている事を利用して三次元再構成をする方法。

この方法では、一種類の分子は全て同じ形をしていると仮定し、数多くの分子の写真の電顕写真から三次元像を得ています。歴史的には、リボソームの構造がこの方法で解かれてきていることが有名です。

最近では、先ほどの「一種類の分子は全て同じ形をしている」の仮定をせず、顕微鏡像を分類(classification)することで、幾つもの状態の構造を解く試みも行われています。


Basic Blue theme by ThemeFlood